生徒・保護者の声

  • 生徒の声生徒の声
  • 保護者の声保護者の声

みんながウラゾノに決めた理由

大学に行く目標ができた!

「オレってバカなんだ」いつも心の中で思ってた。みんなとおなじようにできない。時間がかかる。おれってバカだとずっと思ってた。だから学校に行けなかった。正直高校もいきたくなかった。ウラゾノでも、やっぱりおれはバカだと確信した。 個別指導のとき先生はいった。『いっしょに勉強しよう』って。 先生と一緒にはじめて勉強した。おれはバカじゃなかった! 目標もできた。おれは大学に行く!

先生からのコメント

一緒に勉強していて気づいたことがあります。それは君がバカだってことです(笑)。もちろん君は頭が悪いってことじゃないですよ。勉強に取り組んでいなかったのだから勉強ができなくて当然です。もう一つ気づいたことがあります。それは、君は記憶力がとても良いということです。やってみたらとてもよくできたじゃないですか!

一人ひとりのペースで個別指導

ウラゾノだけは他の学校と違ってみえました

いまだから人にいえるけど、わたしは小学校の2、3年生から学校にいってませんでした。休むようになってからは、友達もいなくなって、先生ともあわなくなった。学校にいけないから『わたしに学校はない!』といいきかせてた。『なんで?』って聞かれるけど、中学を卒業するまで学校にいかなかった。というか、私に学校はなかった。でもなぜか高校にはいきたい感じがした。ネットでさがしてみました。どれもおなじようにみえました。でもなぜかウラゾノだけはちがってみえました。先生が私をみてくれるようなきがしました。もうすぐ2年生。来年もウラゾノに楽しくかよいます!

先生からのコメント

この1年間で別人のように成長しましたね。『ウラゾノに楽しく通えてます』とはなしてくれた時は本当にうれしかったです!なぜ楽しく通えているかと言えば、自分自身でもわかっていると思いますが、友達ができたこと。先輩とも楽しく話ができているからだと思います。これからも仲間を大切にして、楽しい高校生活を送っていきましょう。

ウラゾノで楽しい1年! 年間スケジュール

大学へ行く目標をかなえたい!

私は中学校から私立の付属校に通っていました。いわゆる進学校だったので、中一の時から毎日勉強づけでした。部活もやってはいたけれど、宿題や塾もあったので、途中でやめました。大学にもいきたかったから勉強は続けたけど、高校に入るころには『もう無理だ…』と感じてました。体が言うことをきかない。やる気がでない。起きられなくて、学校を連続して休むようになって、親もヒステリーになった。病院に行ったら『とにかくやすみなさい』と言われた。でも、大学に行きたかった。行けばなにもかもが解決すると信じてた。浦和高等学園の入学面接で言われました。『前の高校の時の目標を変えちゃいけない。絶対かなえるぞ!』って。もうすぐかなえます!

先生からのコメント

『小さい頃から、勉強しなさい。いい大学にはいりなさいって言われ続け、親の敷いたレールの上を走ることに耐えられなくなった…』と自己分析し、自分で自分の歩いて行く道を決めることができるようになったことは何よりも素晴らしいことです。これからも自分で考え、自分で答えを出し、自分の人生に自分で責任を持って下さい!

ウラゾノの進学サポート

資料請求・お問い合わせ

お電話によるお申込み・お問い合わせ

0800-800-5877

サイトからのお申込み・お問い合わせ

お申込みフォームへ(24時間受付)

サイトからのお申込み・お問い合わせはこちら