生徒の声

女性卒業生

女性卒業生 さん

中等部、高等部(卒業生)

学校生活はいかがでしたか?

私は小学校の時から学校に通えなくなっていました。 中学校に入学してからもだんだん通えなくなり、相談室登校になりました。でも相談室も人数が増えてきて自分の居場所がなくなったように感じてきて、誰とも関わりたくなくなってしまい学校に行かなくなりました。

中学3年生になったとき、浦和高等学園の中等部を教えてもらい、お父さんとお母さんと話をしてウラゾノの中等部に入ることにしました。最初は行くことで精一杯で、なかなか教室に入れず辛かったです。でも先輩、先生、お母さんに助けてもらいながら少しずつ通えるようになりました。最初は勉強だけして帰ってきたけど、お昼を一緒に食べてから帰るようになったり、一つ一つゆっくりできる事が増えました。高等部の入学式には出れなかったです。当時はほんとに辛くて苦しかったです。入学式に出なくても、ウラゾノの先生や先輩達は、何も言わず受け止めてくれました。遅刻したり欠席したりすることが多く自分で壁を作っていました。学校が嫌いだし先生が嫌いでした。そんな時、昔からの夢だった幼稚園の実習に行ける事になりました。週1〜2日の実習には、学校に行かなくても必ず行っていました。2年生になってからは、学校も朝から毎日行くようになりました。先生の一言で傷ついて一度学校をやめたいって思ったこともありました。でも先生は最後までちゃんと向き合ってくれたから、また頑張ろうって思えました。3年生のときは毎日学校に行けるようになりました。幼稚園の実習が終わってから学校に行ったりして、皆勤賞をもらえた時はすごい嬉しかったです。

3年生になって、学校のリーダーとしてたくさん悩んだしうまく行かなくて苦しんだりしたけど、文化祭が成功した時は達成感でいっぱいでした。嬉しかったし自信に繋がりました。3年生の時は一番大変だったけど一番楽しかったです。ウラゾノの約4年間はほんとに濃い時間でした。いっぱい泣いたし悩んだし笑ったし…。私は中学3年生の時にウラゾノを知ったけど、もっと早く知りたかったと思ってました。私の居場所はウラゾノでした。中等部にいたから高等部にすんなり入れたと思うし、先生や先輩と仲良かったからです。

今は保育の専門学校に行きながら保育園のバイトをしています。毎日毎日たいへんだけど楽しいし友達もいて充実した日々です。卒業してからもよくウラゾノに遊びにいきます。私の中でウラゾノはほっとする場所で、辛いこととか悩みがある時とか頑張った時とかウラゾノに行って先生や後輩と話をしたりすると気持ちが楽になって明日からまた頑張ろうって思えるんです。一歩踏み出すのってすごい勇気いるけどその一歩を踏み出せばきっと変われると思います。

  • 生徒の声生徒の声
  • 保護者の声保護者の声

資料請求・お問い合わせ

お電話によるお申込み・お問い合わせ

0800-800-5877

サイトからのお申込み・お問い合わせ

お申込みフォームへ(24時間受付)

サイトからのお申込み・お問い合わせはこちら