保護者の声

卒業生保護者

卒業生保護者 さん

高等部

学校生活はいかがでしたか?

息子には、中学校在学中の頃から高校進学への不安がありました。学校での学習意欲や集団生活の協調性が薄れ始めていたからです。
その中で息子は息子で苦しみ、私も学校側と息子・家族の顔色を伺いながらも時が過ぎ、公立高校入学を迎えた3年前でした。 案の定、数か月で「高校を中退したい」と本人の意思を聞き、目の前が真っ暗になりましたが主人とも相談をし、息子にあった高校を探し始め、浦和高等学園を選びました。始めて親子で浦和高等学園を訪れた時の事がつい昨日のように思い出されます。

いままで在学していた高校のイメージとは異なり、アットホームな環境の中先生方の対応が親切で学園長の笑顔と説明が、大変穏やかでした。生徒は少人数でしたが、伸び伸びと学んでおり、何より息子の親が安心していた気がし、ホッとなり、この学校にお世話になろうと親子共に決めたのでした。

その後、学園在学2年6カ月、息子は紆余曲折しながら成長をしました。
大好きな運動では活躍し、学園祭では皆と生ライブをやったり、先生方や仲間に支えられ、少しずつ自分を見つける事ができたようです。そして、私自身も、先生方や父兄の方々から、たくさんのアドバイスを頂き、コミュニケーションを取り続け、支えられ、何より、理事長は、親としての心構えを語ってくださいました。 その事で息子の気持ちを理解しようと会話も積極的に出来るようになっていました。

浦和高等学園には、臨床心理士の先生が勤務しており、一人ひとり面談をし、潜在能力を引き出してくださり、決してあきらめませんでした。お陰で息子も、さまざまな事に気づき勇気や希望を抱けるようになったのでしょう。

そして、この春無事卒業を控え、大学進学まで決まりました。
もし、2年6カ月前、浦和高等学園に転入出来ていなかったら、息子は中学卒業のまま一生を過ごし、進む将来の選択も友人も限られてしまっていたかもしれません。
改めて、この学校に在学出来た事を心より感謝申し上げます。

  • 生徒の声生徒の声
  • 保護者の声保護者の声

資料請求・お問い合わせ

お電話によるお申込み・お問い合わせ

0800-800-5877

サイトからのお申込み・お問い合わせ

お申込みフォームへ(24時間受付)

サイトからのお申込み・お問い合わせはこちら