生徒の声

酒井 臣賢

酒井 臣賢 さん

高等部(卒業生)

卒業後はいかがですか?

私は、将来トレーニング指導者になりたいと思っております。トレーニング指導者になるために専門学校に通っています。なぜ、専門学校に通っているかというとトレーニング指導者になるためには資格が必ず必要になるため、現在は資格の勉強に育んでおります。
私は、高校生の頃、全く勉強をしない生徒でいた。ですが将来の夢を高校で見つけてから少し勉強をするようになりました。その経験が専門学校で役に立っております。

 私が高校一年生の頃は全く学校に通う事ができていませんでした。ですが、友人たちのおかげ、特に中島くんのおかげで後期から少しずつ通う事ができるようになっていきました。そのおかげで良き友人たちもできました。
二年生になりフットサル練習の監督などを私たちが主体となって任せてもらえるようになりました。その時に友人たちがいろいろと手助けしてくれたおかげで役割を果たすことができました。この経験のおかげで自分一人ではなにもできず、周りの人たちと互いに協力し合うことの大切さを学ぶ事ができました。後期には文化祭がありました。文化祭は二年生が主体となって取り組むため、私も主体となって協力して行いました。私は文化祭のしおりを作る班でしたが、その際に後輩の分からないところを教えてあげる機会があり、自分が先輩になったのだということを改めて実感しました。
三年生になり、前期には三年生が主体となって色々な行事に取り組んでいたことを二年生に引き継ぐことになりましたがなかなかうまくいかず、人に伝えることの難しさを感じました。また三年生の時にはメトぺマ杯というフットサルの大会が中止になってしまったのですが、そのあとに他校との交流戦を行うことができたので良い思い出になりました。後期には自分の進学について真剣に考えることになりました。私は人に恩返しをしたいと考え、自分の好きなこと、トレーニング指導者という立場から恩返しをするために専門学校への進学を決意しました。受験の方法はAO入試を選択することになり、長澤先生に面接の練習などの指導をしていただきました。無事に合格することができ、先生方には大変感謝しております。

将来のために勉強をして私の人生の選択の幅を広めております。無駄なことも今では無駄ではないことが理解することができます。
一つ例を出すと、計算問題でレッグプレスというマシンがあるのですがクライアントの推定の重さをだすのに三平行の定理を使うことがありました。学生の頃はこんな定義は必要ないと思っていましたが専門学校ではクライアントの安全性を確保するために必要なことです。
現在はトレーニング指導者の勉強をしております。特に動きの動作や怪我の予防やスポーツ選手のコンディショニングなどに力を注いでおります。トレーニング指導者として学内で色々な活動をしており、学内フットネスを学生主体で運営など行なって社会に役に立つことを行っています。私が専門学生の二年生の頃はチームに代表としても活動しており、トレーニング指導者としての核になっていましたが三年生になあってからは試験勉強の方に力をそそいでいます。試験の合格率がかなり低いので私はかなり、勉強をしております。


将来の目標はトレーニング指導者を目指しており、3年後になれればいいと思っております。

  • 生徒の声生徒の声
  • 保護者の声保護者の声

資料請求・お問い合わせ

お電話によるお申込み・お問い合わせ

0800-800-5877

サイトからのお申込み・お問い合わせ

お申込みフォームへ(24時間受付)

サイトからのお申込み・お問い合わせはこちら